おおいたの住まい情報誌WISE / スマイノチカラ

スマイノチカラ
田園風景になごむ家

のどかな田園風景を取り込み季節の移ろいを日々感じながら過ごせる。
シンプルで機能的だけど家族やご近所とさりげなくつながっている。新しくて、どこか懐かしい住まい。

川沿いに広がる田畑と、緑におおわれたなだらかな山。どこまでも続くのどかな田園風景の中に、子どものころ描いた「おうち」の絵をイメージさせる、三角屋根のI邸がたたずんでいます。

ここにはもともとIさんのご両親が暮らす築50余年の家があり、当初はリフォームを考えて友人の建築家・足立心也さんに相談を持ちかけました。ところが地盤が弱く家が傾いていたため、思い切って建て替えることに。「シンプルな家に」というIさんの希望をもとに、3世代が暮らすための家づくりが進められました。

つづきは「おおいたの住まい情報誌 WISE(ワイズ)2017」で詳しくご紹介しています。